FC2ブログ

これ知りたい!

ちょっとした雑学を書いてます

 

ピアノが誕生する前、クラヴィコードと、チェンバロと言うものがあったそうです。
クラヴィコードは、紀元14世紀ごろの誕生であると言われています。
ルネッサンス期に主流であったクラヴィコードの音域は、4オクターブ程度がほとんどで、ヨハン・ゼバスティアン・バッハの愛用していたクラヴィコードは5オクターブあったそうです。
クラヴィコードは、とても簡単な構造をしており、2つの駒の上に張られている弦をタンジェントと呼ばれる別の駒で突き上げて音を出していたため、音量がとても小さく、現在のピアノで言うとピアニッシモからメゾ・ピアノ程度の音量しか出なかったため演奏会や合奏には不向きでした。
そのため、バロック期にはチェンバロに主流の座を奪われてしまいました。

先程も申し上げましたが、チェンバロはバロック期に登場いたしました。
別名でハープシコードとも呼ばれるチェンバロは、クラヴィコードよりは音量が大きかった反面で、ピアノでは欠かせない強弱をつけることができないと言う欠点がありました。
ちなみにチェンバロはドイツ語でハープシコードは英語です。
他にも、フランス語ではクラヴィアサン、イタリア語ではクラヴィチェンバロと呼ばれているそうです。
各国で違う呼び名がつくほどに、このチェンバロは世界各国で愛用された楽器なのだろうと思われます。
ただ、フランスでは、クープランやラモーなど著名な過去の作曲家たちがチェンバロ用の曲をたくさん作ったのに対し、ドイツではバッハでさえ、チェンバロ用の曲は「イタリア組曲」や「ゴールドベルグ変奏曲」くらいしか作られなかったようです。
このことから、ドイツではあまり主流にならなかったのかもしれませんね。

スポンサーサイト
Trackback:0
Comment [x]