FC2ブログ

これ知りたい!

ちょっとした雑学を書いてます

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback [x]
Comment [x]
 

デジタル時計とアナログ時計は、どこが違うのかご存知ですか?
アンログ時計というのは、従来よりある長針と短針で時間を表示するタイプのことをいいます。
最近、よく見かけるようになった数字で時間を表示するタイプは、デジタル時計といいます。
このアナログとデジタルは、時計だけではなく、音楽の録音やコンピューターの伝達処理方法として、用いられています。

もちろん、防犯カメラにもアナログとデジタルのレコーダーがあります。
防犯カメラは、テレビ用のケーブルを利用してモニターに接続して、撮影した映像を見ることができますね。
映される映像は、ビデオテープやハードディスクに記録することができます。
従来のVHSテープなどに録画するものが、アナログレコーダーです。

次に、デジタルレコーダーですが、ネットワーク搭載機能などと呼ばれるものも、これにあたります。
撮影した映像をインターネットなどで配信することができるため、遠く離れたところにいても、異常発生を確認することができます。
また、複数のカメラを一箇所の監視センターで監視することができるため、企業などで防犯カメラを設置する場合には、最適です。

デジタル式の一番の魅力は、録画時間が長いことでしょう。
VHSのように、テープを交換する必要がないのが、利点といえます。
ズームなども出来るため、細部まではっきり確認することができます。
また、従来のテレビ録画用機器では、早送り・巻き戻し機能はあっても、頭だしができなくて不便でした。
しかし、デジタル式を使えば、不審者が写っている部分を自動的に探し出すことができます。
その上、複数のカメラの画像を同時に一つのモニターに分割して表示することも簡単にできます。

実際に写っている映像を、防犯カメラを販売している会社のホームページで見る事ができますが、かなり画質が良いのには驚かされます。
一度、ご覧になってはいかがでしょう?

スポンサーサイト
Trackback:0
Comment [x]
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。