FC2ブログ

これ知りたい!

ちょっとした雑学を書いてます

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback [x]
Comment [x]
 

毎年新しいものに買い換える「綴じ手帳」と違って、「システム手帳」はリフィールを差し替える事で長年に渡って使用し続けます。
そのため、耐久性が「システム手帳」選びに重要な要素になります。特に表紙部分やリングの金具部分には耐久性を求めたいものです。

高級な「システム手帳」には、本体バインダーの表紙素材に本革を使用したものがあります。
耐久性は勿論ですが、使い込むことで革がもつ独特の風合い、味が出てきます。人前で取り出したりメモしたりすることも多いので、高品質のものを選びたいですね。
リフィールも様々な種類があり、大きさ、穴さえ合えばどんなものでも使用できますのでカスタマイズできます。

リフィールは、目的によって色々発売されていますが、一般的に時間管理では「タスク管理」「スケジュール管理」、情報管理では、「記録」「メモ」「ファイリング」などのリフィールが必要になります。
当然書き味についてもどんな筆記具で書いても滑らかで、用紙は薄いけど裏写りがしなく丈夫なものが求められます。

長期間にわたり、開いたり綴じたり、開閉が繰り返されるリングの金具も耐久性を求めたいパーツです。
高級なシステム手帳は、欧米の有名な金具メーカーのものを付属している場合も多いですし、修理などアフターサービスも充実している様です。

「システム手帳」の素材は値段にもよりますが、様々な種類があります。ビジネスツールとして、不可欠なものにするかどうか、素材選びも重要な要素としてお考え下さい。

スポンサーサイト
Trackback:0
Comment [x]
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。