FC2ブログ

これ知りたい!

ちょっとした雑学を書いてます

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback [x]
Comment [x]
 

手帳には大きく分類して「綴じ手帳」と「システム手帳」があります。「システム手帳」と言うのは、本体のバインダーとリフィールの組み合わせで使用する手帳のことを言います。
自分なりに使用しやすくカスタマイズするために「システム手帳」の一般的な機能や構成、名称を調べておきましょう。

◇本体、バインダー
1.素材
本体バインダーの素材は革製が一般的です。中には合成皮革、ナイロンなどもあります。

2.見返し
本体バインダーの見返し(裏面)の部分には、名刺やカードを収納できるポケットがあります。

3.金具
リフィールを綴じるリングの径は8~30mm位があり、そのリングの幅で綴じる事の出来るリフィールの量、枚数が違ってきます。リングの数は6穴が最も一般的です。

◇リフィール
1.サイズ
リフィールのサイズは、本体、バインダーに従って綴じることの出来る大きさが決まります。
A5サイズ、バイブル、スリム、8穴、6穴などがあります。

2.リフィールの種類
スケジュールを記入するリフィールは1日単位、1週間、月間などのダイアリーや、記録用のメモ、集計、アドレス帳などがあり、その他には地図、インデックス(方眼や定規)、クリアファイル、カードホルダーなどがあります。

3.関連グッズ
思考をこらした様々なグッズがありますが、専用の穴あけパンチ、保存用のバインダー、綴じることの出来る電卓などがありますので、業種、担当によってオリジナルなシステム手帳がカスタマイズできます。

スポンサーサイト
Trackback:0
Comment [x]
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。