FC2ブログ

これ知りたい!

ちょっとした雑学を書いてます

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback [x]
Comment [x]
 

野菜といえばまずスーパーや八百屋などで見掛ける生鮮野菜が思い浮かぶかもしれません。野菜は一日に350g摂る事が必要とされていますが、不足しがちな人が多い事が日本の現状です。現代はそんな背景からも便利に野菜を摂る方法が増えてきています。サプリメント、野菜ジュース、フリーズドライ野菜、レトルト野菜、水煮野菜、カット野菜など手軽に利用できる商品は様々ですが、もうひとつ冷凍野菜、これも生鮮野菜よりも手軽に野菜を利用できる物のひとつです。

冷凍野菜といえば、かぼちゃ、里芋、いんげん、アスパラ、コーン、枝豆などやほうれん草などの葉物野菜、最近では大根おろしの冷凍された商品も見かけることが出来、細かくカットされたミックスベジタブルや、大降りの茹で野菜のミックスなど種類は様々です。

市販されている冷凍野菜はマイナス30℃以下の低温で急速冷凍したもので、家庭で冷凍する場合は凍結までに細胞が壊れたりしてしまいますが、その点で市販のものは優れているといえます。しかし、問題点のひとつは市販される冷凍野菜のほとんどが外国産という事です。国内産の野菜なら残留農薬の点検も可能なのですが、外国産の物になると野菜を仕入れる商社や買い入れる食品メーカーの任意だそうで、その辺りに問題が見えます。残留農薬以外に安全面で添加物も思い浮かびますが、冷凍前に天然添加物(クエン酸など)で色を保持するくらいで安全性に問題はないそうです。

栄養面では、冷凍前に加熱処理されている野菜は水溶性のビタミンが損失している場合があるそうです。そのため調理の際などには改めて加熱をしすぎない事が大切だそうです。栄養面だけでなく食感を良くするためなどにも加熱し過ぎない事が大切だといえます。

現在では市販の冷凍食品も豊富ですし、家庭で野菜を冷凍する為の情報も色々なところで手に入るので忙しい生活スタイルの人などそういう人に限らず上手に利用したいもののひとつが冷凍野菜といえるのではと思います。

スポンサーサイト
Trackback:0
Comment [x]
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。