FC2ブログ

これ知りたい!

ちょっとした雑学を書いてます

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback [x]
Comment [x]
 

普段私たちがスーパーなどで手にする野菜はほとんどが輸入に頼っていると言われています。日本で生産された野菜もありますが、店頭に並ぶ野菜というと、トマト、きゅうり、じゃが芋、玉ねぎ、キャベツ、アスパラ、ブロッコリー、とうもろこしなどがお馴染みだと思います。ベビーリーフ、マッシュルーム、ズッキーニ、米ナス、パプリカ、など最近になってよく見かけるようになった野菜なども多いと思います。これらの野菜はほとんどが外国生まれの野菜ですが、日本生まれの野菜にはどのようなものがあるでしょうか。

加賀野菜にはさつまいも、二塚からしな、金時草、へた紫なす、金沢一本太ねぎ、せり、くわい、金沢春菊、打木赤皮甘栗かぼちゃ、源助だいこん、加賀太きゅうり、加賀つるまめ、加賀れんこん、たけのこ、赤ずいきの15種類があります。加賀とは現在の金沢県を指します。「加賀野菜」とは昭和20年以前から栽培され現在も金沢を中心に栽培されている野菜を認定したもので、認定された良品質のものには認定シールがはられ市場に流通しています。

中でも金時草、くわい、赤ずいきとはどんな野菜なのでしょうか。まず金時草とは紫色をした葉物の野菜で、一見して木の枝に葉が茂っているという感じがします。これは葉と若い茎を食べる事ができ、夏の野菜として独特の風味があるそうです。ゆでると粘りが出る野菜ですが、ビタミンA、鉄分、カルシウムを含み血圧の抑制効果が認められています。くわいとはビタミンB1、B2、カリウム、鉄などの豊富な野菜で、花の丸い球根の様な見た目をしています。品種には「青くわい」と「白くわい」があります。ほんのりと苦味のある独特の味をしています。そして赤ずいきとは、里芋の葉柄のことで、特に里芋の葉柄が赤く、それを食用とする品種を赤ずいきと呼んでいます。調理法は色々で、酢の物、漬物、乾燥させた干しずいきとしての調理などがあります。主な栄養はアントシアニンで血液を綺麗にする働きがあります。また繊維質も豊富に含まれています。

加賀野菜15品目のうち打木赤皮甘栗かぼちゃ、金沢一本太ねぎ、二塚からしなは生産量が減少している野菜ですが、伝統野菜として種の保存が努められている野菜です。

独特な風味もあり伝統的な調理法にも、新しい調理法にも合うという加賀野菜ですが、15品目もあり種類も豊富ですし、一度は食べてみたい食材なのではと思います。

スポンサーサイト
Trackback:0
Comment [x]
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。