FC2ブログ

これ知りたい!

ちょっとした雑学を書いてます

 

有機野菜、オーガニック野菜、とは野菜を購入する際などによく目にするものだと思いますが、その定義とは改めて何なのでしょうか。有機農産物とは「生産から消費までの過程を通じて化学肥料、農薬等の合成化学物質や生物薬剤、放射性物資(遺伝子組み換え種子及び生産物等)をまったく使用せず、その地域の資源をできるだけ活用し、自然が本来有する生産力を尊重した方法で生産されたもの」と日本有機農業研究会によって定められています。細かくは、ほうれん草などの単年作物なら2年以上、玉葱などの永年作物なら3年以上、化学肥料、農薬を使用せず完熟した堆肥などで土作りをし、栽培したものを言うそうです。農水省の認定機関が加工業者、生産者を調査、認定し「有機JASマーク」がつけられ、そのマークがついている農産物だけが「有機」や「オーガニック」という表示を使用できます。

有機野菜は安全性、栄養面では化学肥料を使用したものより勝っていますが、微生物などが付きやすいという事があるので、十分に洗浄する必要があります。化学肥料には成長を促進させる役目もありますが、有機野菜は生長が遅い分栄養素が多く蓄積されるそうです。

有機野菜やオーガニック食品など、個人で購買する際も注目される物となっていると思いますが、外食産業でも「有機野菜」をうたったレストランなども多く見かけることができます。たいていのレストランなどが有機野菜にこだわる分だけ、その他の食材や調味料なども無添加、や安全さを考え国内産の物を使用するなどトータルで安全な食事ができるようになっているようです。

また、これも最近よくみかける「自然食」の飲食店なども店専用の農場を持っている事が多く、やはり無添加やオーガニックにこだわりのある食事が楽しめるようになっている様です。

現在の人々は「美味しい食事」以外にも「安全な食事」にもこだわりを持つ人が増えているという事が分かると有機野菜にも注目が集まる理由がよく分かると思います。

スポンサーサイト
Trackback:0
Comment [x]
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::