FC2ブログ

これ知りたい!

ちょっとした雑学を書いてます

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback [x]
Comment [x]
 

野菜を健康のためにも摂らなくては、という事は多くの人が抱える悩みの様なものでもあると思いますが、生で食べるサラダなどを除けば野菜の種類の数だけ調理法もあり、それなりに摂取に手間がかかります。

そんな中でも現代の人々の生活スタイルに合わせてか「カット野菜」というものをスーパーなどでよく目にします。代表的な物はサラダ類の為のキャベツやレタスなどのカット野菜ですが、野菜炒め用、煮物用、鍋用の様なカット野菜も見掛けることがあります。

カット野菜は豊富な野菜を手軽に使用でき、家庭での生ごみも減らす事ができます。便利さの反面工場でのカットや洗浄は野菜の栄養を失う作業にもなってしまうのは困った事ですが、各メーカーがそれぞれの工夫をなしており、今後価格競争以外にも栄養価を失わない加工方法も競争される事が期待されます。失われる主な栄養素は水溶性のビタミンCやカリウムなどで、新鮮な野菜に比べるとかなりの量減少してしまうそうです。

栄養価が落ちやすいという事以外にも、家庭で調理するよりも長い時間細菌類に触れる機会があるため、悪くなりやすい食材であることや、殺菌の際に使われる代表的な溶液からも危険な野菜のひとつという扱いも受けています。そして数種類の野菜が含まれるものは加工食品の扱いになるため原産地表示がされないことも問題となっています。

しかしメーカーによっては単なるカットのみではなく飾り切りなど希望のカット方法で出荷してくれたり、茹でたものと生のものとのミックスなど、とても便利な購買方法をとっている所も多いようです。スーパーなどでみかける家庭用のカット野菜もありますが、業務用のカット野菜もとても種類が多く、廃棄分や時間のロスなどを考慮すると経費削減にもなり飲食店などでも多く使用されているのが現状なのではといえます。
便利さ問題点両方持ち合わせたカット野菜ですので、臨機応変に料理などに取り入れたいものであると思います。

スポンサーサイト
Trackback:0
Comment [x]
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。