FC2ブログ

これ知りたい!

ちょっとした雑学を書いてます

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback [x]
Comment [x]
 

岡田武史監督というと、理論派監督という印象が強いと思うのですが、その人物像とはどのようなものなのでしょうか。
人間としての「岡田武史」について触れてみます。

性格に関しては決して派手ではないのだそうです。
「俺のことをよく知っている人は、顔の造り同様に性格も派手ではないことを知ってます」とのことですが、よく知らない私もそういう印象を受けますね。

しかし、逆境に立たされた場合などは「よし!やってやるぞ!」と自分でもかなり強くなれるということを言っています。
意外にカッコつける面があり、一度ドン底まで落とされてしまうと、もうこれしかない!と逆に開き直れるそうですね。
叩かれないとダメなのかもとさえ言っていたそうです。

「人間は土壇場になれば強くなる。本当に人間って強いものですよ。でも大体は皆、その前に諦める。でも諦めないで頑張っていたら、人間には底力ってあるものです。」

そうだとすると、この指揮官の性格があのジョホールバルの歓喜を生んだのかもしれませんね。

また、体育会系のやり方については、先輩を敬う気持ちなどのついては一定の理解を示しています。
しかし、そういうものを強要されるのは嫌という考えで、 それも暴力的だとか不合理なやり方によって強制されることは、性に合わないそうです。
これは私も本当にその通りだと思いますね。
彼は元々小学校のときは野球少年だったそうですが、そういう不合理なやり方が蔓延していた中学の野球部を見て、サッカーを始めたというエピソードからもそれがよく分かりますね。

スポンサーサイト
Trackback:0
Comment [x]
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。